専門外来

ヘルニア外来

そけいヘルニアについて

そけいヘルニア(脱腸)は「子供の病気」と思われがちですが、むしろ、太ももの付け根(そけい部)の筋膜が弱くなる中高年層に多い病気です。小児のそけいヘルニアは自然に治るケースもありますが、成人のそけいヘルニアは自然に治ることはなく、治療には手術が必要です。
これまでのそけいヘルニア手術は、弱くなった組織を縫い合わせる方法が主流で再発や痛みが多いことが問題でした。しかし最近では、人工補強材を使用した、痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきています。
もしそけいヘルニアでお悩みの方がおられましたら、一度外科を受診されることをお薦めします。


そけいヘルニア(脱腸)とは

ヘルニアとは、タイヤの弱くなった部分から内部のチューブが突き出ているのに似ています。
「そけいヘルニア(脱腸)」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、そけい部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。


そけいヘルニアの症状

初期のころは、立った時やお腹に力を入れた時にそけい部に柔らかい腫れができますが、ふつうは指で押さえると引っ込みます。次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。腫れが急に硬くなったり押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

  戻る   カントン

そけいヘルニアになりやすい人
加齢 40歳以上の男性
日常生活 咳をよくする人、妊娠している人、過激な運動をする人など
職業 お腹に力がかかる仕事、立ち仕事に従事する人など
病気など 便秘症、肥満、喘息、慢性肺疾患など

そけいヘルニアの治療について

そけいヘルニアは投薬では治すことはできません。
当院では、人工補強材(メッシュ)を使って弱った部分を補強する、
①「クーゲル法」②「腹腔鏡下ヘルニア修復術」を導入しています。

 

①「クーゲル法(Kugel法)」とは?

クーゲル法は、ヘルニアの穴を筋膜の内側からふさぐ合理的な方法です。
腹膜と筋肉の間にメッシュを入れますので、腹圧(お腹の中の圧力)がかかると、メッシュはより強く筋肉に押しあてられて密着します。
クーゲル法は腰椎麻酔(下半身麻酔)で手術できるので、体にかかる負担はより少なくてすみます。

 
▼ クーゲル法のメリットは?
ヘルニアの再発率が低い
腹圧により、メッシュがより安定する
ヘルニアの起こりうるすべての場所を同時に覆うことが出来る
手術時間が短くてすむ
入院は1~3日程度 
日帰り手術も可能ですが、一度ご相談ください。

 

 
▼②「腹腔鏡下ヘルニア修復術(TEP法)」とは?

腹腔鏡下ヘルニア修復術は、腹腔鏡(細いカメラ)を使用して、手術を行う方法です。
腹腔鏡下ヘルニア修復術では、従来から行われているお腹を切開する開腹手術(オープン法)と異なり、まずお腹に5mmから10mmの小さな穴を3ヶ所程度あけます。
そのうちの1つの穴から腹腔鏡を入れて、その像をテレビモニタで観察して、ヘルニアの場所を見つけ、別の穴から入れた手術器具を外科医が操作してメッシュを用いて患部の治療をします。

 
 
腹腔鏡下ヘルニア修復術のメリットは?
傷あとが小さく痛みが少ない(開腹手術では5cm程度)
カメラで確実に穴を確認し塞ぐことができる
日常生活に早く戻れる
ヘルニア発生部位が左右の2ケ所にあっても同時に治療できる

 

腹腔鏡下ヘルニア修復術のデメリット は?
必ず全身麻酔で行う必要がある
開腹手術と比較すると手術時間が長くかかる
ヘルニア外来にて診察・ご相談の上、術式を決めさせていただきます。

 

 

お心あたりのある方は、ぜひご相談ください

診療日: 毎週金曜日 8:30~11:30
代表:

安藤 修久(日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医)

お気軽に外科外来へ受診してください。

 

お問い合せ
岐阜県厚生連 東濃厚生病院 企画総務課
TEL:0572-68-4111 FAX:0572-68-8934

 

トップ